2017年8月18日 (金)

地盤改良工事

飯能市は比較的地盤の良いところなのですが、たまたま悪い場所に当たったようで、改良工事が発生してしまいました。

今回は、いくつかの工法を比較し、RES-P工法という、細い鋼管をたくさん貫入させて建物の沈下を防ぐというものに決めました。

実のところ、何が最良であるかは難しいですが、現場の状況による作業効率や諸条件、コスト、残土発生無しとか、いろいろと検討してこの方法を採用しました。

実は、初めての採用なので、朝、他の用事を済ませてから現場に行ったところ、もう片付けに入っていて、施工状況は監督の撮影した動画で見せてもらったくらいです。

Cimg8926
オレンジの○のところに鋼管杭が打ち込まれていて

Cimg8928
こんなに細いのですよ・・・でも、3.5mの杭を120本弱打ち込んだので、まあ大丈夫でしょう。

それにしても、工事が早い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

一年点検

府中市の I さんのお宅に1年点検に行ってきました。

Cimg5812
工務店の笹森さんと、内外を見て回ってから、聞き取り調査をしているところ・・・

特に問題になるような点はありませんでしたが、木が縮んだ事による壁の隙間埋めを近々行うことに・・
それに玄関ドアのちょっとした調整はその場で済みました。

帰りは、多摩川沿いの桜並木を眺めながら帰ってきましたが、今日あたりはどの桜も咲いていて、事務所からの往復で1000本くらいは見たのではないかと思います。

Cimg5824
大きな道ほど、枝は剪定されていて、小さな通りや小さな川沿いの道は枝が道路にかぶっているので、そこを走るのは気持ちよかったです・・車でしたが・・

ちょうど1年前にもこの道の写真をブログにアップした記憶があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

細長い敷地に建つ細長い家

敷地が細長いので、家も細長くなるのは必然的である。

今設計中の足立区のTさんの家、間口に対し、長さは3.5~4倍ほど。

でも、なかなかカッコイイと思う。

建て主さんも、とても気に入ってくれている。

横から見ると、結構大きな家だ。

Cimg4493
この面は西面なので、あまり窓は付けていない・・

Cimg4497
北面はこんな感じで、土地は、黒が隣地、茶が敷地、白が道路である。

細長いから、風や地震に対する構造チェックも済んでいるので、まずはこの模型を建て主さんに見せねば・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

西川材(森の市場)ピーアールDVDの撮影

今日、NPO法人西川・森の市場では、DVD作成のための撮影を行いました。

森の市場スタッフ数名と飯能・日高テレビのクルー、劇団の役者さんたちの大所帯で、製材所、木の伐採現場、森の市場の事務所から、工務店の加工場、新しい生活舞台の木の家と、5現場を帯同しました。

子役は、スタッフ家族のお子さん、劇団俳優は夫婦役と設計者役の役者さんでした。

僕よりも設計者っぽい・・と云われましたが、どこらへんだろう?・・

01

02

03

協力していただいた皆様、ありがとうございました。

ちなみに、新しい木の家は、今年の1月に引き渡した飯能市のOさん宅でした・・

明日も2つのシーンを撮影します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

OBの皆様にお願い・・

OBの建て主さんへお願いがあります・・

最近は、「木の家」・・と銘うったコマーシャルや公告が目立ちますが、「確かに木だけどねぇ・・」なんて思われることも多いと思います。

やっぱり、「木の家」は無垢材で・・・そして、木を組んで、生かして使わないと。

それは、視て触れてもらわないと、やはり判らないのですねぇ・・

モデルハウスを持てない弱小事務所では、皆様OBの建て主さんの家をモデルハウスのように見せてもらう以外には手段がないので、勝手に「住まう家の見学会」を企画し、第一弾は、練馬区石神井町のMさんとFさんの家にお邪魔することにさせていただきました。

日程や場所、ご都合などを伺いながら今後も企画していきたいので、その節は是非ご協力をお願いします。

皆様に支えられて今まで何とかやってこられました・・・感謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

パッシブソーラーそよ風の家上棟

今日はパッシブソーラーそよ風の家、NPO西川・森の市場のセミナーで出逢い、本日めでたく上棟。
西川材の杉、桧の架構で、太陽熱利用のパッシブソーラーシステムを備えます。

20130803_084559_2

4時から上棟式、引きものやらご祝儀など頂いて解散。

僕は夏風邪をこじらせ、現場に行ったり、家で寝たりで、今夜の地域の盆踊りも欠席します。
あー情けない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

曳き家

今日は曳き家の引き戻しを行う日。

区画整理地内で、従前の土地から新しい土地へ家を曳くのですが、元の土地には納まらないために、「新築」ということで建築確認を取得。

移転でないの?・・と思いますが、建築基準法をよく読むと、確かに新築となるので、しかたありません。

まあ、現行の建築基準法の要求と区画整理法の補償範囲がリンクしていないと思えるので、矛盾も感じますが、そこらへんは・・・

基礎から切り離して移動しておいた建物を、新しい場所の新しい基礎の上に戻してくる作業。

H1H2H3
H5

左から右へ20mくらい移動し、もうすぐ基礎の上に・・・というところ。

これから、基礎の上に正確に下ろすのが大変な作業ですが、観ていると、段取りが9割以上かな?・・・

やっぱり、段取りは重要ですね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

太陽光パネル設置

昨日、新築した車庫兼物置に太陽光発電パネルを設置しましたが、太陽光発電は本当にエコなのか?・・という疑問を持っておられる方は多いと思います。
Paneru

今回設置したパネルは多結晶シリコンというパネルですが、このパネルを製造するのに投入したエネルギーを回収するまでの期間が約2年。製造時に排出したCO2を削減するまでの期間が約2.7年だそうです。

・・・ということは、5年も利用できればエコになるのだそうですが、実はこのパネルを設置するための架台に鉄やアルミなどの加工した部品も使われていますので、システム全体として何年使えば排出したエネルギーよりも作り出したエネルギーが多くなるか、厳密には解りませんね。

でも軽く20年以上は発電しますので(実績から)、まあ、エコではあるでしょう。

ただ、自然エネルギーで発電して電化製品を使うというところが、なんだかエコっぽくない感じがするので、エコマニアには受けが悪いんでしょうね。

ダイレクトに太陽熱を利用してお湯や暖を取るのが、やはり一番のエコではありますが、まあ、張り合うものでもないですから、気楽に行きましょう・・

新築時なら、パッシブなエコシステムも採用しやすいので、いろいろとチャレンジしていきたいと思いますが、なにせ既存建物に手を掛けるにも程がありますので、今回は太陽光発電を採用してみました。

人の向こう側に見える家は、我が家ではありません・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

1/10の構造模型をつくる大工さん

現在設計中の家の構造模型ができました。
Cimg1983 Cimg1984
この模型は、写真に写っている大工さんがつくりました。

いつも、当社の構造図を基につくってくれるので、この模型を見ながら構造を確認したり、相談の上変更したりもします。

電気屋さんや設備屋さんも、模型を見ながら配線や配管経路などを確認しにやって来ます。

納まりの難しいところや矛盾点が発見でき、さらにスペックを上げる検討もできるので、とても重宝な模型です。

ただ、施主用に作成している訳ではないので、少々粗いつくりではありますが、これで充分役目は果たします。
時々、欲しがる建て主さんもいらっしゃいますが、飾るには大きすぎるし、1人で持てないので断念します・・

こんなことする大工さんは、僕の知る大工さんではこの人だけですから、「我が家の構造模型」をつくって欲しければ、この大工さんへ依頼してください・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

土台パッキン

最近は、ベタ基礎に猫土台という工法で土台を取り付けるのが多いようです。

一般的には、基礎パッキンと云ったほうが馴染みがあるかもしれません。

20年くらい前までは、布基礎(断面が逆T型)というのが一般的だったようですが、今では珍しい基礎形状とも云えるくらいに減りました。

ベタ基礎が一般的になりつつあると同時くらいに、基礎の立ち上がり部にあけられた風窓から、基礎パッキンを使用し、基礎と土台との隙間を利用して床下の換気をするという工法に代わってきました。

今度上棟する家では、基礎パッキンに樹脂ではなく、御影石を使うことにしました。
建て主さんの希望があり、以前、コウ設計の特注でつくってくれた石屋さんが、製品として売り出したので、それを利用しました。

なんでも、法隆寺の改修などに携わった、故西岡棟梁だったか、その弟子の方だったか、猫土台には石がいいと云っていたと思います・・・

Cimg1511
当然、樹脂の基礎パッキンよりも値段は高いですよ・・・ほぼ倍くらい。

今までの使用例、多い順に・・・樹脂、栗、御影石。

全体のコストバランスや施主の意向によって使い分けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧