2017年2月28日 (火)

てにもりマーケットの開催

NPO西川・森の市場が主催する「てにもりマーケット」が、4月22日(土)、23日(日)の2日間開催します。

今日は、日高市のHさん宅に設置させていただいた、森の市場の掲示板にポスターを貼ってきました。

00030005
森の市場の家づくり、生活関連グッズや軽食なども10店ほど出店する予定です。

遊びに来るだけでもいいので、是非お出かけください・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

こんな寒い日は薪ストーブが最高

かれこれ、薪ストーブを設置した家も既に12軒程になりました・・

3.11の震災以来、特に人気が高くなったようです。

Imgp5218
家の大きさによって薪ストーブの能力も違いますが、そこそこの軽自動車を新車で買えるくらいします。

どちらかというと、本体よりも煙突と施工費の方が割合を占めていますが、人は炎を見ると落ち着くんですね・・

ダッジオーブンなどを使うと肉料理なども簡単に美味しくできるようですが、僕の家のストーブは小さいので、ダッジオーブンは持っていません。
せいぜい焼き芋くらい?・・

木の家には薪ストーブがよく似合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

森の市場で木育・・・

Ichiba NPO西川・森の市場では、年間を通じて木育活動を行なっています。
その木育の講師は、全国でも講師を務める、我が森の市場代表の井上さんです。

井上さんは、家具や木製品の製作・販売・素人さんでも製作できる工房を営んでいる、とても熱心な林業家です。
間もなく、我が子が通う中学校へも、講演にやって来ます。

保護者も参加できるのですが、大沢さんは来なくていいよ・・って云われました。

そんな代表が毎月開催してくれる木育のイベントに参加しませんか?・・
保護者同伴が原則です。

申し込みは、当方でも、森の市場に直接でもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

瑕疵担保履行法により質があがったみたい・・

今年10月1日以降引き渡される住宅において、瑕疵担保履行法の適用を受け、瑕疵担保保険に加入するか、もしくは供託金を預けて担保するか・・という義務が生じました。

大手ハウスメーカー以外は、莫大な供託金を預けることは実質不可能に近いということで、瑕疵担保責任保険に加入することとなります。
これは、住宅を造る、販売する工務店などに加入義務があり、引渡しを受ける際にその保険を引き継ぐというかたちで、施主や買主に担保される訳です。

当社では、アメリカのサブプライムローンノの影響で落ち込んだ景気に対し、何とか持続していく術として、これら検査の検査員に登録すべく、講習会などを経てスタッフ共々検査員となりました。

おかげさまで、今のところ住宅設計の仕事が冷え込んでいる訳ではありませんが、検査の仕事も少しずつ増えてきました。
そんなこんなで、堂々と他社の施工現場を見に行く(検査)ことができ、改めて、「コウ設計の家は良いなぁー」・・なんて思うわけですが、この法律施行依頼、工事の質が上がったように思います。

以前から、現場があると覗いてみたりしながら、「適当な仕事してるなぁー」とか、「金掛ける部位が違うだろ」・・なんて思ったものですが、実際に検査へ行ってみると、そういう現場を見なくなりました。
もっとも、そんな現場では、「不適合」という結果を提出しなければなりませんが、そういうところは今のところありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ヒノキのムジ

建築中の現場でヒノキの床板が張られました。
無地(ムジ)と呼ばれ、まったく節がない板です。
勿論、西川材・・・
Yuka
施主は材木屋さんの息子さんなので、予定単価以上の材料が供給されてきます。
あまり綺麗だと最初はちょっと住みにくいような気もしますが、材木屋さんのショールーム的に使えれば有効ですね・・・

固定資産税もちょっと高くなるかもしれません。

とても綺麗です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

基礎パッキン

P1040027 基礎と土台の間に、猫土台と呼ばれるパッキンを置きます。

最近は、樹脂製が一般的ですが、宮大工の棟梁が、石が一番いいと云っていたので、御影石の基礎パッキンを作ってもらいました。

ある石屋さんの店舗兼倉庫へ石を買いに行ったとき、かごに割れている石などが捨てられているのを見ました。
捨てられている訳ではないのでしょうが、これらでこのパッキンが作れないか持ちかけたところ、いくらなら買ってくれるの?・・と反対に聞かれてしまいました。

こちらの買いたい値を云うと(結構云い辛い)、「やってみる」と、言い値で作ってくれました。
しかし、こちらの意図とは違い、端材ではなく注文生産となりましたが、当然、端材も使われたことでしょう・・

僕としては、とてもお買い得だったと思いますが、樹脂製よりは高いですよ、当然。

先日上棟した家に使いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

CPマーク

Cp窓ガラスに貼ってるこのステッカー、読めばわかりますが、防犯用複層ガラスです。

このCPというマークは、試験結果などで、侵入まで5分以上の時間を要するなど一定の防犯性能のある商品に表示することができます。

5分とは、侵入しようとしている空き巣などが、70%ほどあきらめる時間なのだそうです。

でも、5分って結構長いですよね。
素人でも長いと思うので、本当のプロはもっと短い時間であきらめるのだろうなぁー・・なんてのんきなことを考えている自分は、田舎育ちなものであまり気にしないでいましたが、物騒な世の中、自分の身は自分で守らねば・・

実は結構高価なのですが、シャッターみたいに普及率が上がれば、もっと安くなると思います。

こういった商品を導入できるなんて、金持っていると思われるかも・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

蔵の戸

只今建築中の家で、手持ちの蔵の戸(趣味で購入してあったもの)を何かに使えないかと云う要望があったので、玄関にでも利用しようかと考えていて、工務店さんと建具屋さんと一緒に建て主さんの家に預かりに行った。

少し反っているんだけど・・とは聞いていたが、なるほど・・結構反っていた。
大工さんと建具屋さんと僕とで、利用方法を考え、建て主さんへ、見積りとともに提案することにした。

材質はケヤキで、引き戸として使われていたので、戸車があるが、その戸車の造りは、直径10センチ程度、堅木でできており、外周には厚さ1ミリ以上の鉄板が巻かれていた。Kurado

それにしても、さすが蔵戸、鍵周りのデザインが 重厚感あるね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

薪ストーブ講習会のお知らせ

12月6日(土)の日高市での完成見学会で、薪ストーブ講習会を同時開催しようと思います。

エコボックスという、規格型住宅の3件目。
土間と薪ストーブのある箱の家で、使い方やメンテナンスなど、実演しながら学ぼうという企画です・・

勿論、講師は、ストーブ屋さんで、日高市にある(有)ウエックさんにお願いします。

薪ストーブに興味のない方も、建物だけでもみていただく価値はあると思っていますが、どちらかというと、若者受けする住宅だと思います。
ペレットストーブなども、販売、設置できる会社ですので、お時間のある方はご参加下さい。

Intrepid_left_2 メーカーHPより写真をお借りしました・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

屋根の緑化に利用できるか?・・

少し前に購入した、四季彩マットという商品。
Mat1
少しの土で植物を育てられる、薄く、軽く、手軽に屋上緑化などができるようなので、ネットで購入した。
お客さんに薦める前に、まずは自分で・・

持ち運びできるように、育苗ケースを購入し、50cm角のマット2枚を切り取り、3つのユニットに分けた。

このマットは、ポリプロピレンの繊維状になっていて、この間にピートモスという、軽い土が入り込んで、その下の保水マットにより、水分を補給する仕組みらしい。

まず、説明書どおり、マットに穴をあけ、おなじみ「竜のひげ」を、庭から掘り起こして埋め込む。
それから、ピートモスをふりかけ、じょうろで水をかけながらマットになじませる・・・これだけで完成!Mat2 Hige1

あとは、延びるのを待って、別のもので試してみようと思う。

県の農林試験場では、こんなのがたくさんありました・・・ このマットの上に1mも背丈のある木も育つくらいだから、ベランダにも良いと思う。

でも、違法な植物はダメだよね・・Hige2

| | コメント (0) | トラックバック (0)