2016年12月10日 (土)

屋根のつくりは見えない

屋根のつくりがどうなっているか、おそらく持ち家でも知らない人がほとんどだと思います。

コウ設計工房がつくる家は、たいていはこんな感じ・・

Imgp4925
屋根裏が天井となって見えているのが特長で、小屋裏がないのです。

厚い杉板の上に断熱材や通気層を設けているので、屋根のつくりが見えるという訳でもありませんね・・

一般的な、天井のある家は・・

Cimg7842
天井裏を覗くとこのような屋根裏が見えるはずです。

集成材や米松などが多いですが、ここには桧?も混じっているようです。

僕は、理由があって合板は使わないようにしていますが、野地板(屋根の板)は当たり前のように合板です。

Cimg7838
最近は、フレームも、厚い合板を切ったようなLVLという材が使われるようになって来ましたが、どうもこれは好きになれません。

おそらくこの家は、無垢材はどこにも使われていないのではないかと思います。

もう10年も前ですが、隣の現場にこのLVLの土台が敷かれたのを見たとき、ダンボールでつくる家かと驚いて、近寄って確認したことがありました。

いよいよ無垢材はいらなくなってしまうんでしょうか?・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

「てにもりの家」住まいの無料相談を開催します

NPO西川・森の市場主催で、飯能市市民活動センター(丸広百貨店7F)にて、「てにもりの家」住まいの無料相談を開催します。

http://www.morinoichiba.net/event/detail.html?id=94

「てにもり」とは、手に届く森を意味し、森とつながった、森の市場の提案する家を「てにもりの家」と呼ぶことにしました。

10時~15時まで居りますので、お暇のある方は寄ってみてください。

新築しようかリフォームで済まそうか迷っているの・・
マンションを木や漆喰でリフォームしたいが・・
冬寒い家、何とかならない?・・
古い家だから地震が心配・・など、なんでもご相談をお受けします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

足立の家・・引渡しました

建て主さんにとっては「ようやく」、我々にとっては「ついに」って感じで、4日の土曜日、建物を引き渡しました。

Dscn0015

建て主さんは喜んでくれるで、それはそれで嬉しいのですが、我々造る側としては、何か娘を嫁に出すような、ちょっと寂しい気分になります。

NPO木の家だいすきの会からは、羽工房さん作のスツールがプレゼントされ、会の山本さんより、建て主さんへ贈呈されました。

Dscn0012
栗のスツールでしたが、後ろのTV台も栗の天板です・・

Dscn0037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

家は買うもの?・・建てるもの?

 よく、そろそろ家を買おう・・とか、家は買うものと思われている人が多いと思いますが、僕は、家は「買う」ものではなく、「建てる」ものだと思っています。

 マンションの場合は、自ら建てるのはほぼ不可能に近いので「マンションを買う」、建売住宅も、「家を買う」という表現は正しいですね。

 何が言いたいかというと、「建売住宅という仕組み」が家を「買う」ものにした・・という事です。

 セミナーや相談会などで、「家を建てたいと思っても、ほとんどが建築条件付きの土地で、土地だけで買うのは不可能?・・」などという声をよく耳にします。
 これだから必然的に「家を買う」ということになってしまいますね。

 僕の事務所にも土地探し中のお客さんが相談に来られたりしますので、アドバイスや土地探しのお手伝いはしますが、直接探すのは難しいのが現状です。

 そんな時、建築条件のない更地を探すのは大変なので、古家付きの物件を探してもらったらいかがでしょう?・・とアドバイスします。
 仲介の不動産屋さんは、古家付きの土地を売るよりも建築条件付きの土地を売ったほうが儲けも大きいので、黙っていればそちらをお奨めしてくるでしょうから。

 建築条件付きの土地でも少しお金をプラスすれば、条件を外してくれたりすることもあり、また、旗竿状の敷地や不整形、傾斜地など、一般的に売りにくい土地などは最初から建築条件が付いていなものなどもあります。

 ここで、なぜ費用を足さないと建築条件を外してくれないかというと、建築で利益を得られる予定の分をくださいね・・ってことです。

 次回は、建売や建築条件付き土地販売の仕組みについて書こうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

足立区の「家族のシェアハウス」完成

昨日は、足立区の家の床やカウンターのワックス掛けをしました。

建て主さんと、工務店(クオリス)の鈴木さん、木の家だいすきの会の山本さんと僕と4人で・・

既にクリーニングは終えていたので、4人でみっちり2時間程掛けて何とか床とカウンター部分が終わりました。

ずっと作業をしていたので、作業風景の写真はありませんが、足場も取れてほぼ完成。
外構工事は、道路後退分の工事を区がやってくれることになったので、それを終えてから・・

2ヶ月後くらいには完成するかな?・・

Cimg6166
間口1に対し、奥行が約3.5倍の細長い家
Cimg6169
玄関ドアは秋田杉の柾目で綺麗ですが、右側のガスメーターが邪魔!・・

この空間には、木を2~3本植えてもらうことになっています、無骨なメーターが目立たないように・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

そろそろ家のことを考えよう・・と思ったら?・・

そろそろ家を・・と考えたとき、「何から始めればいいのか判らない」という方が多いのではないでしょうか?

私共の事務所に来てくださった方々、OBの建て主さんの方々なども、皆さん、最初は戸惑われたことでしょう。そんなお話もいくつも聞いています。

そこで、何から考えたら良いのか、私なりのアドバイスをしたいと思います。

1.戸建てか、マンションか?・・

 駅近の土地は高価であるので、駅近を選ぶならマンションにするか?・・など

2.何処に住みたいか?・・(戸建てを選択した場合)
 暮らしたい土地の相場などを調査する。(土地があれば考えなくて良い)

3.予算を考える
 土地取得費と建物取得費の合計プラス諸費用の概算を現実と照らし合わせる。

4.どんな家に住みたいか、暮らしたいかを考える
 住宅展示場や建売住宅、ビルダーや設計事務所の見学会などに出向き、一通り見て体感する。

5.家づくりの方法を選択する(欲しい家を実現できるパートナーを見つける)
 家を買うのか、建てるのか?・・買う場合は見て気に入れば良し、建てる場合はどんな方法で?
 (メーカー、ビルダー、設計事務所など)

6.4.5を勘案して概算の修正を行う

7.依頼したいと思える相手に相談したり、話を聴いたり、信頼できる相手か確かめる

8.依頼先が決まったら、基本的には信頼して完成まで漕ぎつける。

              ・・・こんな感じでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

東京オペラシティーで建築展

6月22日(月)~27日(土)まで、東京オペラシティー1階の木童さんのショールームで建築展を開催させていただきます。

特非)木の家だいすきの会主催で、メンバーが時々展示していますが、コウ設計工房としては5年ぶりくらいの展示です。

お時間のある方はお出かけください。

木童さんのショールームなので、木がたくさんあります、触れる機会にもなりますので、是非どうぞ・・・ http://www.kodoh.co.jp/showroom.html

Jpeg_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

雨漏りの原因究明

木造住宅では、絶対に雨漏りしないという完璧・・というのはほぼ不可能で、雨漏りがしないように最善の注意を払って施工しますが、それでも雨漏りすることは稀にあります。

屋根板金業者さんが、怪しいと思われるところを直したのですが、雨が降ると、また室内の梁から水滴が垂れてきた・・と

雨漏りは止めなければならないので、侵入の原因を追求すべく、外装を剥がす前にまず、内装を剥がしてみたら断熱材も少し濡れていました。
Cimg6058
Cimg6059

ほぼ侵入箇所が判ったのですが、確認と乾燥させるために少し広範囲に壁を剥がしてみました。

次回は外部を一部剥がしてみて、傷んだ部材は交換し、今度はより完璧に近く・・

木の家が雨漏りしやすいということは決してありませんが、こういう天井のない造りだと直ぐに発見しやすいというメリットもあります。

やっぱり雨漏りは気付いた時点で直さなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

築15年の住まう家見学会は大成功

昨日の日曜日、入間市牛沢町の「築15年の住まう家見学会」を開催させてもらいました。

OBの建て主さんやOBスタッフも含めると、総勢25名以上にもなり、まあまあの盛況ぶりでした。

開催を快諾いただいた、増田さん家族に感謝です。
ゴールデンウイークに、家族みんなで、見学会のためにお掃除をしてくれたそうです。

造っているときからいろいろとお手伝いをした子供たちも、既に3人とも成人になり、そんな子供達?・・も、自然にお掃除を手伝ってくれたと聞きました。

やっぱり、「家族全員が愛着をもって暮らしている」・・これが最高ですね、つくり手としては。

Photo
奥さんと息子さんが、リコーダーとギターのセッションを披露してくれました。

Dsc_0090
奥さんはピアノ教室を主宰し、息子さんは子供の頃バイオリンを習っていて、確か完成見学会の時にバイオリンを弾いてくれました。

見学会は、となりのトトロ、世界は一つ・・の2曲のセッションをもってお開きになりました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました・・・楽しんでもいただけたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

築15年の住まう家見学会

築15年の住まう家見学会を、今度の日曜日(17日)に、入間市牛沢町にて開催させていただきます。

15_2新しい時ばかりでなく、経年変化でどのようになるか、見ていただけるいい機会ですので、是非お出かけください。

お問い合わせ頂ければ案内図をお送りします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧