« 建売り住宅の不思議な売れ方 | トップページ | 久しぶりの雑誌掲載 »

2016年11月14日 (月)

第15回西川材フェア

昨日の日曜日、飯能市役所の駐車場で、生活祭&西川材フェアが開催されました。

「&」が付くのは、生活祭と西川材フェアはもともと別のイベントであり、主催も別なので、会場も隣り合わせてはいますが、別です・・

行楽日和の最高の天気で、生活祭ではビールも売れていたようでしたが、我ら西川材フェアでは、展示や木工品販売、遊びがメインで、やはり、飲食店や野菜などが出展する生活祭とは賑やかさが違います。

西川・森の市場ブースでは、森の市場を知ってもらおうという活動を地味に行いましたが、来年は今までになく盛り上げたいと思います。

Dsc_0266
上の写真は、看板のシートが見えるように人がいないときに撮影したもので、ずっとこんな感じだった訳ではありませんよ・・

Dsc_0274
今年も、東日本にただ一人の(たぶん)木挽き職人の東出さんが来てくれました。

最後の木挽き職人と云われた、本なども書いている林以一さんという方のお弟子さんで、製材機では挽けないような大きな木を挽く仕事をしています。

これくらいの桧は製材機で挽けるのですが、今日はパフォーマンスとして来て頂いていました。

最後の職人といわれた人の弟子はいるのだろうか?・・と今更ながら思ったので、来年聞いてみよう・・

見ている人に、大鋸(大きいのこぎりで、おおがと読む)で挽いたのこぎりくずだから、「おがくず」って云うんですよ・・なんて説明すると、皆さん、「へー」って感じに喜んでくれました。

何気なく使っていて本来の意味を知ったときって、ちょっと嬉しいですよね・・
僕だけかな?・・

|

« 建売り住宅の不思議な売れ方 | トップページ | 久しぶりの雑誌掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170970/64493408

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回西川材フェア:

« 建売り住宅の不思議な売れ方 | トップページ | 久しぶりの雑誌掲載 »