« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月22日 (火)

ご当地インスタントラーメン

四国へ行ったお土産にと、ご当地インスタントラーメンを頂きました。

全て初めてお目に掛かるもの・・

Dsc_0277
もっともインパクトのある名前、「カツオ人間」

いったいどんな味がするんだろ?・・たぶん、これは最後に食べるだろうな・・

鯛塩ラーメンは、以前青梅にあった「樹」というラーメン屋のメニューにあり、好きだったので少し期待している。

その、「樹」は、入っていた建物が取り壊されたので、テナントのお店もなくなって、ネットで調べても、新たに開店した情報はなし。

かなり美味しいラーメン屋さんで、よく行ったんだけど、残念。

でも、繁盛店だったからきっとどこかで再開するでしょう・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

久しぶりの雑誌掲載

田舎暮らしの本・・というのをご存知ですか?・・タイトルそのままの雑誌です。

僕の田舎暮らしが紹介されている訳ではないですよ、中途半端な田舎ですから・・

木の家だいすきの会の代表と一緒に取材を受け、今店頭に並んでいる12月号に、小さな平屋で暮らそうという、平屋の家の紹介と、平屋のメリットやデメリット、コストなどについても触れています。

20161117091828769_0001
意外と便利で程よい田舎の飯能市も住みいいところなので、いかがでしょう?・・

改めて表紙を見ると、柴犬って田舎に似合う犬ですね・・我が家にも柴がいて、畑だいすきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

第15回西川材フェア

昨日の日曜日、飯能市役所の駐車場で、生活祭&西川材フェアが開催されました。

「&」が付くのは、生活祭と西川材フェアはもともと別のイベントであり、主催も別なので、会場も隣り合わせてはいますが、別です・・

行楽日和の最高の天気で、生活祭ではビールも売れていたようでしたが、我ら西川材フェアでは、展示や木工品販売、遊びがメインで、やはり、飲食店や野菜などが出展する生活祭とは賑やかさが違います。

西川・森の市場ブースでは、森の市場を知ってもらおうという活動を地味に行いましたが、来年は今までになく盛り上げたいと思います。

Dsc_0266
上の写真は、看板のシートが見えるように人がいないときに撮影したもので、ずっとこんな感じだった訳ではありませんよ・・

Dsc_0274
今年も、東日本にただ一人の(たぶん)木挽き職人の東出さんが来てくれました。

最後の木挽き職人と云われた、本なども書いている林以一さんという方のお弟子さんで、製材機では挽けないような大きな木を挽く仕事をしています。

これくらいの桧は製材機で挽けるのですが、今日はパフォーマンスとして来て頂いていました。

最後の職人といわれた人の弟子はいるのだろうか?・・と今更ながら思ったので、来年聞いてみよう・・

見ている人に、大鋸(大きいのこぎりで、おおがと読む)で挽いたのこぎりくずだから、「おがくず」って云うんですよ・・なんて説明すると、皆さん、「へー」って感じに喜んでくれました。

何気なく使っていて本来の意味を知ったときって、ちょっと嬉しいですよね・・
僕だけかな?・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

建売り住宅の不思議な売れ方

朝のワンコとの散歩道に出来た建売り住宅4棟。

田舎なので、安い割りになかなか売れなかったみたいだけど、ようやく売れてきたな・・とよく見ると、そこで不思議な現象が・・
条件の悪いところから売れていくのですね、なぜか?

下図に書かれた数字が、売れた順番です。20161108182548355

順番に建てる場合は、この数字の順に建てるのがセオリーだと思っていました。
それは、目の前に家があると日陰になるので、売ってから前に建てる・・・つまり、奥になって日照的に不利になるような家から建てて売っていく・・ということを以前はしていたと思うのですが、この4棟は同時に完成、販売を始めました。

一番条件が悪い家が一番に売れ、一番条件のいい家が売れ残っています。

その理由は、価格面しか思い浮かびませんが、①と「未」の価格差はだいたい200万くらいのようです。

車の通り抜けもほとんどない住宅街ですから、200万の差なら日当たりを選んだほうが良いと思うのですが、やはり第一条件が値段なんですかね?・・

価格面から判断されると、「木の家」も、もう少し安くつくれなければ、なかなか建ててくれる人がいなくなるのではないかと危惧しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

木の乾燥具合をチェック

これから建てる予定の家の木を昨年の冬に伐りました。

春に製材して乾かしていますが、そろそろ着工の準備に入るので、使用箇所の確認や乾燥具合のチェックをしました。

Dscn1147
2軒の家の分(合計3本の木から製材された材)が置かれている場所へ行き、フォークリフトで材料を移動しながら、含水率計を使用して材料の含水率を測り、さらに乾くように置き換えたりしました。

思っていたより良く乾いていたので、人口乾燥としなくても使えるくらいになってきています。

Dscn1149
杉で25~29%くらい、桧で、22~26%くらいでした。(板材類はもっと低い数値でした)
ちなみに、人口乾燥材なら20%以下ですが、色艶も悪く、内部割れも起こるので、やっぱり天然乾燥材が一番いいと思います。

Dscn1150
上棟するのが楽しみです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »