« 和紙クロス張り | トップページ | 住まう家の見学会 »

2009年4月27日 (月)

和紙クロス張りの下地

前回のブログで紹介した和紙クロス張りの下地処理の写真を撮りました。
Pate
紫色のような部分が石膏ボードですが、一般的に使われているボードよりちょっと値が張ります。
メーカーのサイトで、実験結果を確認したところ、ホルムアルデヒドを吸着分解する性能があるのだそうです。

少し茶色掛かっている部分は、継ぎ目やビス跡のパテ処理の様子ですが、こんなにちゃんと処理してくれるクロス屋さんはそれほどはいませんね。
良い職人さんだと思います。

下地がちゃんと出来ていると、仕上がりも綺麗で、下地がお粗末だと、仕上がりもお粗末になります。

僕は、良い仕事も良くないしごとも、ちゃんとチェックします。
良くない場合は「良い仕事ではないな・・」と、工務店さんにさりげなく伝えます。

この写真を撮った次の日、工務店さんから、クロス屋さんの下地処理、よく出来てたでしょ・・と言われたので、ちゃんと写真に撮っておいたよ・・と。

工務店が仕上がりに意識を持たないと、そこの下職さんも意識は持ちませんから、良い工務店には良い下職業者が付きます。

|

« 和紙クロス張り | トップページ | 住まう家の見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170970/44813690

この記事へのトラックバック一覧です: 和紙クロス張りの下地:

« 和紙クロス張り | トップページ | 住まう家の見学会 »