« 「伐採ねた」ついでに玉伐り機械を披露 | トップページ | 犬と暮らす家 VOL.02 »

2006年12月 4日 (月)

ひのきフローリング

現在工事中の上尾の現場に、ひのきのフローリングが納入されました。

グリーンスマイルの細田さんにより、西川地域のひのきを板にし、本実(ほんざね)加工、抜け節や死に節を埋める作業をしてから仕上げて出荷となりました。

以前紹介したサワラフローリングは枝を埋めていましたが、今回のは、既に枝をスライスしたチップのようなものを埋め込んだものです。
枝のほうが、節の大きさもまばらで、より自然な感じがしますが、当然、手間がかかるので価格に反映されます。

節のない杉やひのきは、なんだかプリントや集製材のように感じられてしまいますが、それって、世の中に偽者が多すぎるからなのでしょうね・・・P1000449

|

« 「伐採ねた」ついでに玉伐り機械を披露 | トップページ | 犬と暮らす家 VOL.02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170970/12930148

この記事へのトラックバック一覧です: ひのきフローリング:

» フローリング [ハウジングなびげーしょん]
フローリングフローリング、フロアリング(flooring)とは、床を覆うための木質系の素材、およびそれらを用いた床のことである。一般の住宅の他、公共施設でも広く用いられており、特に体育館では柔道などの特別な場合を除いてフローリングの床が用いられる。一方の側面が凸、他方の側面が凹になった形状の床材を多...... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 15時49分

« 「伐採ねた」ついでに玉伐り機械を披露 | トップページ | 犬と暮らす家 VOL.02 »