2016年9月27日 (火)

夏の終わりの小旅行

遅い夏休みをとり、9月中旬に白川郷から相倉合掌集落、飛騨高山を巡って来ました。

数年前にも行ったコースの一部でしたが、雰囲気が好きなので、蕎麦も楽しみにまずは白川郷へ・・B_10
着くや否や、以前にも寄った蕎麦屋に一番乗りかと思いきや、2番目のお客でした・・

B_12
次に、菅沼集落も歩いていると栗を拾ったので、久しぶりに生で食べてみましたが、やはりいまいちでした・・・懐かしい思いだけ、この風景に合っています。

B_13
やっぱりこの相倉の風景が一番好きだなあ・・ここで1日目の工程は終了

高山の古い町並みを少し散歩して宿の温泉に入ると、外国人と2人だけ・・黙っているのもなんだなあ・・と思い話しかけたらスペインからの旅行客で、英語もままならないのにスペイン語なんて何も思いつかず、片言の英語でちょっとだけ会話を交わしました。
バルセロナに行ってみたい・・とか、清武はどう思う?・・とか、もっと話すねたあったよな・・と、お風呂上がってから気づいた僕でした・・残念!

B_14
2日目は、高山の古い町並みを散策し、重要文化財の吉島家という、上の写真の家を見学・・まあとにかくでかいし裕福な家・・
広い土間の上には明り取りもつくられ、当時の設計と施工能力のすばらしさに感銘を受け、座敷で30分くらいくつろいじゃいました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

研修旅行2日目

お決まりの3回温泉に入って、母畑温泉のホテルを出発し、SUS福島事業所の事務所、工場(遠目で)、社員寮を見学・・

B_5_2
B_6
アルミの加工を得意とする会社ですから、なんとアルミ造の建築です・・
設計は、事務所(上)が山本理顕さん、寮(下)が伊藤豊雄さんだそうです。
この寮はとても環境の良い場所にあり、環境が良すぎてか、ほぼ空室ということですが、街中にあれば大人気だろうなあ・・と感じました。

B_7
上の写真は、ほんのちょっと立ち寄った、福島空港公園事務所棟。
屋根の草が涼しげでいい感じでした。
B_8
棚倉町立杜川小学校の教室 ↑

こんな学校で勉強できる子供はうらやましいなあ・・と思いましたが、教師目線ではいろいろとあるのでしょう・・意外に評価が低く、少し寂しさを覚えました。

最後に、棚倉町文化センター

B_9
休館日でしたので、中には入れませんでしたが、小さな町では持て余しているのだろうと感じました。
建物の一部床レベルには水が張られ、その水が流れ出す光景が思い浮かぶつくりでしたが、近年水を張った跡は見受けられなかったので、きっと・・・

建築としてはどれも、僕には縁がないすばらしい建物でしたが、人が住まない寮、教師に不評な学校、町が持て余すバブリーな施設と、マイナス面ばかり見てしまったようで、なんだか複雑・・・






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

研修旅行1日目

わりと忙しかった8月も終わり、9月になってから夏休みをとって小旅行などに行ってきました。

まずは、NPOさいたま住まいの会メンバーとの研修旅行で福島方面へ。

毎年、建築の見学ツアーを企画してくれるので、毎回参加したいとは思っているのですが、ここ数年は参加できなかったので久しぶりの参加となりました。

まずは、白河市立図書館(設計:第一工房)・・・木造の白河駅のすぐ隣で、屋外イベントのできる広場をはさんだ立地です。

B_1

日曜日だったからか、利用者がたくさんいました・・

次に、福島県農業総合センター(設計:松田・平田)

B_2
木をたくさん使った、研修や宿泊施設などもある大きな建物です。

そして、アサヒビール福島工場で見学&昼食・・・もちろんビール飲んで・・

B_3
大越娯楽場(設計:今和次郎 1926年建築)
B_4
現在は武道場などの活用らしいのですが、以前は演芸などの娯楽場だったようです。
右から左に書かれた建物名がレトロですね。

これで1日目は終わり、母畑温泉へ一泊・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

台風の置き土産

月曜日の台風がもたらした置き土産が、うちの近くの川にありました。

2016082407080000
橋脚につかえて流れなかった丸太です・・というより、根こそぎなので、丸太とは云わないかな?・・

先のほうや枝は折れて流れたものと思われます。

2016082407070001
磨き丸太のように綺麗に皮がむけているので、そっと持ち帰ることが出来れば使えそうな桧です。
この川は青梅から流れてくるので、たぶん東京産の桧というところでしょう・・

向こう側に倒れているのは、ナラの木のようです。

ちなみに、橋脚というのは、そのまま、橋の脚元部分、柱です。
履物の下駄の足を想像して「橋げた」と思っている人が多くいると思いますが、「橋桁」と書き、梁にあたる部分(橋の床部分を支える梁)を橋桁(はしけた)と呼びます。
まあ、どうでもいい話ですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

凄い雨だった・・

今朝は小金井市役所に行く約束があったので、台風の中、コンテ(径乗用車)に乗って出かけました。

こんな天気なので早めの出て、途中、コンビニにコーヒーでも買おうと寄ったのですが、降りることも出来ずに諦めてそのまま目的地へ。

予定の打合せを済ませて帰る頃にはさらに雨が強くなったようでしたが、帰らないとさらに台風が近づいてくるのでお昼も取らずに事務所へ戻ろうとしましたが・・・

Dsc_0254
小平霊園の横を通り過ぎる手前から渋滞・・こんな状況なので皆、躊躇しながら進んで行きます・・右側を来るワンボックスの影響波はコンテのボンネット上にまで上がってきました。

ほっとしたと思ったら、これは第一関門で、第二関門過ぎて新青梅街道をそれたら、今度は小さな川が氾濫し、2度迂回する破目に。

結局、道路の低いところの冠水箇所はいくつもあり、帰るまでに何台も水の中でスタックしている車を見ました。

交差点の向かいでは、赤いミニクーパーから2人の人が諦めて外に出てずぶ濡れになってるのを見て、ああ、ミニで出かけなくて良かったな・・と。

もうこんな日は出かけないようにしよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

鉄骨現場の上棟

1Fが店舗、2~4Fが賃貸マンションの現場、12月開店に向けて、やっと上棟の日を迎えました。

諸事情により工事着手も少し遅れたので、鉄骨も出来たてです。
先週の鉄骨製品検査の際には、未だ出来ていない部材もある中、出来た分のデータと製品の検査を行い、何も問題はなかったので、出来ていない部分はデータで確認することとして終了。

この夏一番の暑さの中、順調に予定通り。
鳶さん、暑さにやられて事故が起きなければいいが・・・

Cimg7554
4階建てです・・

Cimg7555
僕は木造2階建ての2階の梁の上を歩くのがやっとですが、鳶職人はこれくらいの高さ、平気なんですね、「怖いよ」とは云いますが・・・

僕が建築業界に入った頃は、安全手摺や安全帯がなくても歩いちゃう鳶職人がいたりして、見ているだけで怖かったですよ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

なぜ同じデザインにするのだろう?

朝のワンコとのお散歩コースには、売り出し中の建売住宅が10棟くらいあり、そのうちに2現場は2棟並びなのだが、なかなか売れない。

僕は、売れない理由には、同じデザインの家を並べているというのも原因のひとつだと思うけど、不動産屋さんはどう考えてるんだろう?
2016080306520000
写真の現場は、サイディングの色が違うだけで、間取りは同じ。

僕なら、この家はどちらも買いたくないなぁ・・

もうひとつ、この近くにある2棟現場は、左右対称で全く同じ仕上げ。
接近して建っているので、少し斜めに遠くから見ると、シンメトリーの大きな家にも見えるけど、何でこういうつくりかたをするのかが理解できない。

しいて云えば、図面を使いまわし、または逆転すれば出来るから、それと材料発注が同じものを注文すればいいから楽ってところか?・・

なんとなくだけど、少数棟の現場にこういう傾向があるみたいだけど、つまんないところをケチるから売れないんじゃないかと思うなあ。

まあ、うちのお客さんでもないし、どうでもいいけどね。

けしてつくりが悪いとか、価格がどうとか云っている訳ではなくて、なぜ同じデザインに?・・ってことが不思議なだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

今年の一級建築士試験が終わった

24日の日曜日、今年の一級建築士試験が行われました。

僕は、建築士会からの派遣で、監理員を務めてきました。

朝8:10集合、18時過ぎの解散まで、結構長丁場でしたが、試験を受けているほうはもっと疲れるでしょう・・

5教科を3つに区切って、2、1,2と試験を行いますが、この学科に受かった者だけが製図試験に進めます。
問題集は、試験終了時間まで在席していた者だけしか持ち帰れないので、殆どの人は早く終わっても席を立ちません。
問題集を持ち帰り、自己採点で合否を判断して次の製図の試験にモチベーションを保っていくんです。

僕が受験したのがちょうど30年前・・・今回は年上の受験者が2名ほどいました。(54人受験教室で)
最高65歳の方が受験していましたが、その年齢で受験しようなんて、勉強家の人なのでしょうね、きっと。
今まで落ち続けている人には見えなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

木の家見学とプチ生け花教室・・楽しかったです

昨日は、鶴ヶ島市のAさんの家で、木の家見学とプチ生け花教室を開催させていただきました。

家主のAさんは、草月流の師範であり、会社の花道部に所属しています。

そこで、2年ほど前からオファーを出して、ようやく実現したプチ生け花教室・・参加者の皆さんは結構楽しんでいただけたと思います。

Dscn0895
グリーンのシャツのかがんでる方がA師範・・

僕も挑戦してみましたが、「家はダイナミックなのに、花は線が細い・・」「この辺が寂しい・・」とか、まだ途中というのに結構外野にいじられました。

僕の作品はこれ・・

Dscn0905
この花を頂いて帰り、我が家には剣山がないので母親にあげたら、同じ構成で生け花が完成しました。

婦人会などの集まりで教えてもらったことがあるとかで、基本の基本は知っていたから、それぞれの長さから当然、似たようになるんですね。
でも、すっかり同じものが出来ていたので、驚きと関心と・・さすが年の功・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

現在進行中の家

現在、2軒の住宅を設計しています。

時期が少しずれていますが、どちらも来春竣工の予定。

Cimg7492
こちらが日高の家・・

Cimg7477
こちらが飯能の家・・
大きな窓の前には、庭を囲む木の塀をつくって中が見えないようにします。

どちらも、西川材を利用した木と自然素材の家になり、太陽光発電も乗せる予定です・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«